障害年金にかかわることになったきっかけ

2019/09/27 ブログ
logo

社会保険労務士の藤ヶ谷です。

私が、障害年金に関心を持ったきっかけ等をお話ししたいと思います。

私は、開業当初から年金事務所や街角の年金相談センターで年金相談員としての活動を続けているのですが、来所される方とお話していく中で、「障害年金」の制度を「知らなかった」「誰も教えてくれなかった」という声をよく耳にして…年金は生活していくうえで大切なものであるにもかかわらず、その存在すら知らずに苦しんでいらっしゃる方があまりにも多い!!ということに気づいたのです。

まずは、知ってもらわなくちゃ!!

と、「障害年金ってご存知ですか」というパンフレットを作って、スーパーや薬局に置かせてもらったり、障害年金に関係しそうなセミナー等の会場でお配りしたり、福祉会館で無料の相談会を開催したり…と営利目的抜きでの活動を繰り返しました。地元の公民館に「無料の障害年金のセミナーをやらせてください」とお願いに行った時には、公民館の方に「エホバの方ですか?」なんて聞かれたりして…「障害年金って本当に知られていないんだな~」と再確認したりもしました。

それでも、最近では…年金事務所等に「障害年金」っていうものがあるのは知っているけれど、「自分が該当するのか解らない」とか「請求の仕方が解らない」…と、ご相談にお見えになる方が増えてきています。

ただ、ほとんどの方が請求の手続きには本当に苦労されているのを見ていて…社会保険労務士の障害年金代行が必要なケースが多いのが実情だとも思っています。