障害年金生活者支援給付金とは

2019/10/01 ブログ
logo

こんにちは!

社会保険労務士の藤ヶ谷由里です。

今日(令和1年10月1日)から、いよいよ消費税が10%に引き上げられますね。それに伴って「年金生活者支援給付金」という制度が開始されます。

「年金生活者支援給付金」とは、消費税引き上げ分を活用し、年金(老齢、障害、遺族)受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。

今日は、その中の1つである「障害年金生活者支援給付金」についてまとめてみました。

:::::::::::::::::::::::::::::::

【障害年金生活者支援給付金の給付額】

障害年金を受給されている方がもらえる支援金額は、障害年金の等級によって次のように異なります。

〇障害年金の等級が1級の場合・・・6,250円(月額)

〇障害年金の等級が2級の場合・・・5,000円(月額)

 

【障害年金生活者支援給付金の支給要件】

次の要件すべてに当てはまる方が対象となります。

①障害基礎年金を受けている(障害厚生年金2級以上も含みます)

②前年の所得が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円」以下である

・・・但し、38万円は、同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円、特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。

:::::::::::::::::::::::::::::::

つまり、障害年金2級以上を受給されていて、且つ、所得が一定額以下の方だけが給付を受けられる・・・言いかえると、障害年金3級の方はもらえないし、2級以上でも所得が高いともらえないということになります。

また、支援給付金を受けるには請求が必要です。これから障害年金を請求する方は、障害年金請求と同時に支援給付金の請求もすることになります。すでに障害年金を受給されている方には日本年金機構から案内が届くので請求手続きをしましょう。