うつ病で自殺未遂や自傷行為を繰り返す方の障害年金請求

2019/11/28 ブログ
logo

うつ病の症状の一つとされる「自殺願望」が強く、自殺未遂や自傷行為を繰り返している場合(もしくは、現在は多少落ち着いているが、過去に繰り返していた場合)、障害年金に該当するケースが多くあります。

障害年金を請求する際は、ご家族が援助しながら手続きをすることをお勧めします。

書類作成のミスによって障害年金を受給できなくなったり、受給できる金額が少なくなってしまわないためにも、提出する書類は慎重に作成しなければなりません。

障害年金について理解ある医師に診断書をお願いするとともに、病歴就労状況申立書で現状をしっかり申し立てることが重要となってきます。

手続きに、少しでも不安がありましたら、ぜひ、障害年金請求代行を専門とするハローベル藤ヶ谷社会保険労務士事務所にお任せください。