静岡で筋ジストロフィーの障害年金請求

2020/06/13 ブログ
logo

筋ジストロフィーとしての障害年金の認定は主に筋力低下による歩行困難や上肢機能の低下等肢体の障害によるケースがあげられています。請求のタイミングが計りにくい病気の一つですが、認定基準の目安としては、歩行中に転倒が見られるようになり杖を使用し始めた頃が3級、杖を使用しても歩行が著しく制限される状態で2級、常時車いすを使用する状態で1級と認定されるケースが多くあります。

審査の可否は診断書と病歴就労状況等申立書の記載内容によって左右されますので、医師にお願いした診断書に筋力低下と日常生活動作についてきちんと記載がされているか確認するとともに、ご自分で記載する病歴就労状況等申立書で障害の状態をしっかり申し立てることが重要です。

また、肢体障害の他にも筋ジストロフィーによる心筋症等でも受給の可能性がありますので、ご自分の障害の状態に応じた請求を検討していくようにしましょう。

手続きに少しでも不安がありましたら、障害年金の請求代行を専門とするハローベル藤ヶ谷社会保険労務士事務所にお任せください。