障害年金 | 人工肛門 その4

2023/08/03 ブログ
logo

<4.よくある質問>

●人工肛門を造設していても障害者手帳を持っていないと障害年金はもらえないの?

障害者手帳と障害年金の制度は別のものです。障害者手帳を取得していなくても、障害年金の請求はできますし、初診日要件等もクリアできれば、障害年金を受けることができます。

 

●人工肛門造設では初診日に厚生年金に入っていないと障害年金はもらえないの?

<2の症状の目安>でも述べたように、人工肛門造設は原則3級の基準になっているので、初診日に厚生年金に加入していないと障害年金を受けることができません。

ただし、人工肛門造設に加えて新膀胱造設や又は尿路変更術を施しているか、若しくは完全排尿障害状態である場合には2級の認定基準を満たします。

又、全身状態、術後の経過及び予後、原疾患の性質、進行状況により総合的に判断し、さらに上位等級に認定されることがあります。

このように、2級以上に該当する場合には初診日が厚生年金でなくても(国民年金、20歳前)障害年金を受けられる場合もあります。

制度が、非常に複雑ですので、一度ご相談されることをお勧めします。

 

●人工肛門をつけたけれど、働いていると障害年金はもらえないの?

人工肛門造設後に、障害年金を受給しながら働いているケースは少なくありません。

人工肛門を造設した場合、原則3級として認定されますので、働いているから障害年金を受けられないという心配はいりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

*他、ホームページ内のよくある質問もぜひご覧ください!!